RSS Feed

8月3日放送分

2010年8月4日 by GooGoo

Kurokawa Selection

今週の夜のおやつ「巣蜜」に掛けまして
ハシケンハマケンのこの曲をお届けします。
こちらはラルク・アン・シエルのヒット曲のカヴァー曲です

HONEY / ハシケンハマケン

-------------------

Fukushima Selection
『日本のロック偏差値55』
 

今週の日本のロック偏差値55は、Charさんをご紹介します。

闘牛士 / Char

長いキャリアを通じて幅広い世代に親しまれ、現代の若者にも
ギターヒーローとして多くのリスペストを受け続けているギタリスト、チャーさんです。
当時(70年代中盤頃)、甘いマスクと歌声、卓越したギターテクニックを武器に
アイドルミュージシャン的な立ち位置で活動していましたが、
当時のロック界では「チャーは芸能界に行ってしまった」という否定的な
意見もあったようです。そんな中でヒット曲を連発し、ロックを
一般的に広く知らしめたパイオニアとして地位を確立しました。
-------------------

メモリークエスト

RN.蕨のクミさんからのリクエストです。

Dream Street / WinterPlay
私の最近のお気に入りはウィンタープレイという韓国のグループが
今年リリースした「SunShine」というアルバムです。
収録曲はほとんどが英語詩なんですが、一曲だけ韓国語で歌っている
ボサノバの曲があり、これも中々良いんです。
ぜひ聴いてみて下さい!!
-------------------
Tominaga Selection
ピックアップアルバム:
Guitar Monsters / Chester and Lester(Chet Atkins & Les Paul)


今週の富永セレクションは、以前ご紹介したChester And Lesterのアルバムの
続編にあたる「Guitar Monsters」です。

Chester And Lesterはチェット・アトキンスさんとレス・ポールさん2人からなるギターデュオです。
チェット・アトキンスはカントリーギターの大御所で
レス・ポールは、ギタリストでありながら、エレキギターの開発や録音方法などの
発明をする音楽発明家の側面も持ち合わせている方です。
また、奥さんと2人でヒット曲を多数生み出すなど、音楽界の大御所です。

そんな大御所二人が70年代後半にChester And Lester名義で
リリースしたセッションアルバム(前回ご紹介したアルバム)がグラミー賞を
獲得し好評だった事から、今回ご紹介するセカンドアルバムが制作されました。

M1:It Don’t Mean a Thing
M2:Over The Rainbow
M3:Limehouse Blues


コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.