RSS Feed

10月, 2010

  1. 10月26日放送分

    10月 27, 2010 by GooGoo

    「今日とか明日とかは何があったのかな」
    このコーナーは、GooGooRadioの放送日から数えて
    1週間のあいだに起こった社会的現象や、そこにまつわる音楽的な暦を
    辿ってみようというコーナーです。
    もちろん、過去にどのような事があったかもご紹介します。

    その中から、今週はこの曲をお届けします。
    Tears in Heaven / Eric Clapton

    1974年の10月31日に、エリック・クラプトンが初来日しました。
    以降、毎年といっても過言ではないくらい来日しているクラプトンさん。
    引退か!?などと言われながらもなんだかんだで良いライブをしてくれます。
    福島さんは大阪のアメ村でジーンズを探すクラプトンに遭遇したそうです。
    -----------------
    「黒川地下研究所」
    このコーナーは、西川さんの産休に伴い自由を満喫している黒川さん、
    もとい「ベーション・黒川」が西川さんがいないのを良い事に立ち上げた
    「大人の知識」をご紹介するコーナーです。
    ただのエロコーナーとおもうなかれ(笑)。
    意外とタメになる情報を聞く事が出来ますよ!

    今週は「接吻(キス)」に関するレポートをご紹介しました。

    今週のBGMはこちらでした
    Je t’aime moi non plus / Serge Gainsbourg

    -----------------
    Tominaga Selection

    PICK UP ALBUM
    「THE ESSENTIAL COLLECTION OF EDDIE HAZELL」

    今週の富永セレクションは、数年前に紹介したアルバムを再びご紹介します。
    エディ・ヘイゼルのコンプリートベスト盤です。

    富永さん曰く「どうも偽物っぽく、不思議な感じがする(笑)」
    上手いんだけど、なんか独特な急いでる感じがあるそうです。

    M1:Variations On A Theme By Bird

    M2:The Shadow of Your Smile

    M3:Gravy Waltz

    -----------------
    「名曲ゼミナール~勝手に邦題つけちゃいます~」

    このコーナーは、名曲と呼ばれる楽曲を紹介しながら
    邦題がついていない曲に邦題をつけてあげようというのが趣旨です。

    今週お届けする曲はこちら
    You & Me That Used To Be / Jimmy Rushing

    今週の「勝手に邦題つけちゃいます」お届けするのはジミー・ラッシングの
    You & Me That Used To Be」です。
    この作品はジミー・ラッシングのキャリア最晩年に録音されたものです。

    ジミー・ラッシングは”シャウター”と呼ばれる歌唱法のパイオニアで、
    叫ぶようにまくし立て、ダイナミックに大きく歌うのが特徴ですが、
    キャリア最晩年のこの作品では、その歌唱法に加え”枯れた”感じが出ており
    非常に聴き応えがありますよ!

    福島さんが付けた気になる邦題はOAをお楽しみに!!


  2. 10月19日放送分

    10月 20, 2010 by GooGoo

    Tominaga Selection

    PICK UP ALBUM
    「King Curtis LIVE at The  Fillmore West」
    King Curtis

    今週のGooGooRadioはミュージックエディションということで、いきなり富永セレクションです。

    今回は、数多の名盤と呼ばれる作品の中から、キング・カーティスの1971年に発表されたライブ盤
    「ライブ・アット・フィルモア・ウェスト」をご紹介します。

    キング・カーティスはアルト・サックス奏者で、1950年代後半から活動していました。
    ソロアーティストとしての人気もさることながら、セッションミュージシャンとしても人気で
    数多くの作品にその名を残しています。

    M1:青い影
    この曲はプロコル・ハルムの名曲をカヴァーしたテイクです。

    M2:涙を届けて
    キング・カーティスはオリジナル曲よりも、比較的カヴァーものが多く演奏されています。
    この曲のオリジナルはスティービー・ワンダーです。

    M3:メンフィス・ソウル・シチュー
    この曲、当時のライブでは最後の曲だったのですが、
    曲の雰囲気から、レコードに収録された際に1曲目となったそうです。

    この曲はキング・カーティスのオリジナル曲になります。

    -----------------
    「GUESTコーナー」

    ハッチハッチェルバンド

    今週は番組的にも久しぶりのゲストをお迎えしてお送りします。
    ハッチハッチェルバンドからハッチハッチェルさんにお越し頂きました!!

    M1:花束とメロディー / ハッチハッチェルバンド

    M2:Speedy’s Coming / Scorpions

    M3:調子っぱずれに祝福あれ  / ハッチハッチェルバンド


  3. 10月12日放送分

    10月 13, 2010 by GooGoo

    「今日とか明日とかは何があったのかな」
    このコーナーは、GooGooRadioの放送日から数えて
    1週間のあいだに起こった社会的現象や、そこにまつわる音楽的な暦を
    辿ってみようというコーナーです。
    もちろん、過去にどのような事があったかもご紹介します。

    その中から、今週はこの曲をお届けします。
    どんたく / サディスティック・ミカ・バンド

    2009年10月16日、サディスティック・ミカ・バンドの中心メンバーだった加藤和彦さんが
    亡くなられました。あれから、1年が経ちました。
    また、1975年の10月12日は、サディスティック・ミカ・バンドがロキシー・ミュージックの
    前座としてイギリスでツアーをスタートした日でもあります。
    -----------------
    「黒川地下研究所」
    このコーナーは、西川さんの産休に伴い自由を満喫している黒川さん、
    もとい「ベーション・黒川」が西川さんがいないのを良い事に立ち上げた
    「大人の知識」をご紹介するコーナーです。
    ただのエロコーナーとおもうなかれ(笑)。
    意外とタメになる情報を聞く事が出来ますよ!

    今週は「アダルト雑誌(プレイボーイ)」に関するレポートをご紹介しました。

    今週のBGMはこちらでした
    THE SEXUAL HEALING / Marvin Gaye

    -----------------
    Tominaga Selection

    PICK UP ALBUM
    「Ain’t Nothin’ But A Brass Band」

    今週の富永セレクションは、富永さん曰く「一種収穫ですね」とのこと。
    今回紹介するアルバムは「Ain’t Nothin’ But A Brass Band」という
    ブラスバンドという編成のバンドを紹介する日本初のコンピレーションアルバムだそうです。

    M1:NO MONEY NO LIFE / BRITZ AND SQUASH BRASS BAND

    M2:KILLER”A” / BLACK BOTTOM BRASS BAND

    M3:PRECIOUS LORD – I’LL FLY AWAY / MITCH’S LIL’ BRATS BRASS BAND

    -----------------
    「勝手に邦題つけちゃいます」

    このコーナーは、名曲と呼ばれる楽曲を紹介しながら
    邦題がついていない曲に邦題をつけてあげようというのが趣旨です。

    今週お届けする曲はこちら
    BIG  BAD BILL IS SWEET WILLIAM NOW / Ry Cooder

    今週の「勝手に邦題つけちゃいます」お届けするのはライ・クーダーの
    BIG  BAD BILL IS SWEET WILLIAM NOW 」です。

    気になる邦題は放送をお楽しみに!!


  4. 10月5日放送分

    10月 6, 2010 by GooGoo

    「今日とか明日とかは何があったのかな」
    このコーナーは、GooGooRadioの放送日から数えて
    1週間のあいだに起こった社会的現象や、そこにまつわる音楽的な暦を
    辿ってみようというコーナーです。
    もちろん、過去にどのような事があったかもご紹介します。

    その中から、今週はこの曲をお届けします。
    California Girls / David Lee Roth

    1954年10月10日にデヴィッド・リー・ロスが誕生しました。
    ハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のヴォーカリストとして人気を博しながらも、
    ソロとしての活動を希望し、1985年にヴァン・ヘイレンを脱退。
    その後は精力的にソロ活動を展開しています。
    1996年に一瞬ヴァン・ヘイレンに復帰するもすぐに脱退。
    2007年には改めてヴァン・ヘイレン復帰を果たしています。
    -----------------
    「黒川地下研究所」
    このコーナーは、西川さんの産休に伴い自由を満喫している黒川さん、
    もとい「ベーション・黒川」が西川さんがいないのを良い事に立ち上げた
    「大人の知識」をご紹介するコーナーです。
    ただのエロコーナーとおもうなかれ(笑)。
    意外とタメになる情報を聞く事が出来ますよ!

    今週は「露出の多い衣服の女性に視線が移ってしまう男性」に関するレポートをご紹介しました。

    今週のBGMはこちらでした
    YOU SEXY THING / HOT CHOCOLATE

    -----------------
    Tominaga Selection

    PICK UP ALBUM
    「ウクレレ・デュオ」Herb Ohta(オータサン)&Lyle Ritz

    今週の富永セレクションは、ウクレレの神様ハーブ・オオタさんと、盟友ライル・リッツさんが
    2人で演奏したアルバム「ウクレレ・デュオ」をご紹介します。

    近年、ウクレレの演奏スタイルとしてソロスタイル(又はバックにウクレレ以外の楽器が演奏されている)が
    主流になっておりますが、この作品はウクレレ2本のみで演奏されています。

    ウクレレ2本での構成なので、音色的には大人しめですが、非常に心地よいサウンドを
    聞く事が出来ます。秋の夜長にハワイアンも中々です。

    M1:TEACH ME TONIGHT
    小刻みにパートを交代していく演奏スタイルながら、2人のウクレレの相性が
    非常に良く、とても心地よいですね。

    M2:DREAM
    1990年頃、オータサンとライル・リッツさんは出会いました。
    当時、オータサンが演奏していたレストランにライル・リッツがベースを持って
    突然登場し、セッションしたところから、2人の交流が始まったそうです。

    M3:TRISTE
    ボサノヴァ調の曲をウクレレで軽快に演奏されています。
    -----------------
    「勝手に邦題つけちゃいます」

    このコーナーは、名曲と呼ばれる楽曲を紹介しながら
    邦題がついていない曲に邦題をつけてあげようというのが趣旨です。

    今週お届けする曲はこちら
    Just Like A Woman / Bob Dylan

    今週の名曲lab、お届けするのはボブ・ディランの「ジャスト・ライク・ア・ウーマン」です。
    お届けするテイクは、1975年のライブ盤「Rolling Thunder Revue」の中からお届けします。
    「当時のボブ・ディランはロック度が高く、音楽的に充実していたのでは」と
    福島さんは分析していました。

    気になる邦題は放送をお楽しみに!!