RSS Feed

8月, 2010

  1. 8月24日放送分

    8月 25, 2010 by GooGoo

    Kurokawa Selection

    今週の夜のおやつ「レモン牛乳」に掛けまして
    この曲をお送りします。

    Malted Milk / Robert Johnson

    -------------------

    Fukushima Selection
    『日本のロック偏差値55』
     

    今週の日本のロック偏差値55は、麗蘭をご紹介します。

    ミュージック / 麗蘭

    麗蘭は、RCサクセションのギター、仲井戸麗一さんと、ストリードスライダースの
    ギター、蘭丸こと土屋公平さんの2人からなるブルース・ユニットです。

    来る9月9日に吉祥寺で行われるイベントで、麗蘭と競演が決まった
    バンバンの3人も大好きな、この曲をお届けします。

    イベントに関する詳細はこちらからどうぞ

    NEXT-吉祥寺2010~きちじょうじのなつやすみ
    武蔵野公会堂有料公演『WE LOVE 吉祥寺』

    http://www.city.musashino.lg.jp/cms/event/00/01/45/00014555.html

    -------------------
    メモリークエスト
    YOU MAY DREAM
    / SHEENA & THE ROKKETS

    RN.練馬のガジさんからのリクエストです。

    僕も福島さんのコーナー『日本のロック偏差値55』に乗っかって
    この曲を紹介させて下さい。
    シーナ・アンド・ザ・ロケッツのYOU MAY DREAMです。

    僕が思うパンツが見えても全然嬉しくないアーティストNo.1(もちろん良い意味で)
    大学時代に良くライブを見に行っていたのですが、その当時から
    シーナさんパンツ丸見えですごいライブでした。
    しかも、未だにミニスカートでライブをされていて、ホントにすごいと思います。

    リクエストお願いします!
    -------------------
    Tominaga Selection
    ピックアップアーティスト:サンハウス

    今週のGooGooRadioは冒頭からロックづくしですが、
    富永さんの紹介するサンハウスは、黒川さんに借りっぱなしで
    今週たまたま返却しようと持ってきたCDです(笑)

    サンハウスは日本のロックの源流といっても間違いのないバンドで
    メモリークエストで紹介したSHEENA & THE ROKKETSのギタリスト
    鮎川誠さんがメンバーとして所属していたバンドなのです。

    M1:レモンティー
    この曲はSHEENA & THE ROKKETSとしても演奏されており
    馴染みの深い方も多いかと思います。
    M2:借家のブルース
    M3:ふるさとのない人達


  2. 8月17日放送分

    8月 18, 2010 by GooGoo

    Kurokawa Selection

    今週の夜のおやつ「GREEN COLA」に掛けまして
    この曲をお送りします。
    日本でいうところの吉幾三さん的な方だそうです(笑)

    Co Ca Cola Cowboy / Mel Tillis

    -------------------

    Fukushima Selection
    『日本のロック偏差値55』
     

    今週の日本のロック偏差値55は、ちょっと趣向を凝らしてお送りします。
    日本のロックなんだけど、日本でヒットした外国人アーティストをご紹介します

    白い色は恋人の色 / ベッツィ&クリス

    ベッツィ&クリスは2人組のフォーク・デュオで、プロデュースを担当したのは
    加藤和彦さんで、外国のイメージを先行させつつも、サウンドはしっかりとした
    日本のフォークサウンドが基盤になっています。

    -------------------
    メモリークエスト
    スーパー・サファリ / ネイティブ・サン

    RN.横浜のリョーヘイさんからのリクエストです。

    夏のドライブBGMといえばやっぱりJ-FUSIONです。
    T-SQUAREやカシオペア、高中正義さんなど、有名どころは
    沢山いるけど、せっかくGooGooRadioにリクエストするので
    ちょっとマニアックなネイティブ・サンのスーパー・サファリをリクエストします。

    ただ、7分近い曲なんです。でも後半に聞き所があるので
    出来るだけフルコーラスに近い所までお願いします!!

    こういう曲をフルコーラスでオンエアできるのはGooGooRadioだけかも!?
    お楽しみ下さい!!
    -------------------
    Tominaga Selection
    ピックアップアーティスト:BAND OF PLEASURE

    今週の富永セレクションは、BAND OF PLEASURE をご紹介します。

    BAND OF PLEASUREは、先日の富永セレクションでご紹介した
    「有山岸」の山岸潤史さんが発起人となって結成されたセッションバンドです。
    ご紹介するのは、1995年に発表された「A TINY STEP」というアルバムです。

    参加メンバーには、山岸さん(ギター)を始め、続木徹さん(キーボード)、清水興さん(ベース)、
    デイヴィッド・T・ウォーカー(ギター)、ジェイムズ・ギャドソン(ドラム)
    と、国内外で名だたるミュージシャンが集まっています。

    M1:EQUAL
    M2:LONG DISTANCE LOVER


  3. 8月10日放送分

    8月 11, 2010 by GooGoo

    Kurokawa Selection

    今週の夜のおやつ「竹の水」に掛けまして
    さわやかなイメージのこんな曲をお届けします。

    みずいろの雨 / 八神純子

    -------------------

    Fukushima Selection
    『日本のロック偏差値55』
     

    今週の日本のロック偏差値55は、矢沢永吉さんをご紹介します。

    トラベリン・バス / 矢沢永吉

    今回は、ロック偏差値としては低めですが、日本のロック界において
    欠かす事の出来ない、日本ロックのレジェンド、矢沢永吉さんです。

    今週末に開催される野外フェスティバル「ライジング・サン・ロックフェスティバル」
    に出演するバンバンの3人ですが、今年、ついに永ちゃんとの対バンが
    決まり非常に楽しみだそうです。

    今回ご紹介する曲は、永ちゃんのライブレパートリーの中でも
    タオル投げタイムがあり、非常に盛り上がる曲なんです。
    恐らく「ライジング・サン・ロックフェスティバル」でも演奏されるであろう
    曲なので、フェスに参加する予定がある皆さんはぜひタオル持参で
    楽しみましょう!

    -------------------
    Tominaga Selection
    ピックアップアーティスト:Willie and the Wheel

    今週の富永セレクションは、カントリー歌手のウィリー・ネルソンと
    ASLEEP AT THE WHEELというバンドが競演し制作したアルバムです。

    このアルバムは2009年に制作されたアルバムですが、
    去年、バンバンの3人がラスベガスに旅行へ行ったとき、偶然にも
    ウィリー・ネルソンがラスベガスでシークレット・ライブをやるという情報を聞きつけ
    富永さんがライブを見に行くと、オープニング・アクトでASLEEP AT THE WHEELが出演していました。
    すると、ASLEEP AT THE WHEELの演奏中にウィリー・ネルソンが登場し
    Willie and the Wheelとして、Hesitation Bluesを演奏していたそうです。

    M1:Hesitation Blues
    M2:Oh! You Pretty Women
    M3:Shame On You


  4. 8月3日放送分

    8月 4, 2010 by GooGoo

    Kurokawa Selection

    今週の夜のおやつ「巣蜜」に掛けまして
    ハシケンハマケンのこの曲をお届けします。
    こちらはラルク・アン・シエルのヒット曲のカヴァー曲です

    HONEY / ハシケンハマケン

    -------------------

    Fukushima Selection
    『日本のロック偏差値55』
     

    今週の日本のロック偏差値55は、Charさんをご紹介します。

    闘牛士 / Char

    長いキャリアを通じて幅広い世代に親しまれ、現代の若者にも
    ギターヒーローとして多くのリスペストを受け続けているギタリスト、チャーさんです。
    当時(70年代中盤頃)、甘いマスクと歌声、卓越したギターテクニックを武器に
    アイドルミュージシャン的な立ち位置で活動していましたが、
    当時のロック界では「チャーは芸能界に行ってしまった」という否定的な
    意見もあったようです。そんな中でヒット曲を連発し、ロックを
    一般的に広く知らしめたパイオニアとして地位を確立しました。
    -------------------

    メモリークエスト

    RN.蕨のクミさんからのリクエストです。

    Dream Street / WinterPlay
    私の最近のお気に入りはウィンタープレイという韓国のグループが
    今年リリースした「SunShine」というアルバムです。
    収録曲はほとんどが英語詩なんですが、一曲だけ韓国語で歌っている
    ボサノバの曲があり、これも中々良いんです。
    ぜひ聴いてみて下さい!!
    -------------------
    Tominaga Selection
    ピックアップアルバム:
    Guitar Monsters / Chester and Lester(Chet Atkins & Les Paul)


    今週の富永セレクションは、以前ご紹介したChester And Lesterのアルバムの
    続編にあたる「Guitar Monsters」です。

    Chester And Lesterはチェット・アトキンスさんとレス・ポールさん2人からなるギターデュオです。
    チェット・アトキンスはカントリーギターの大御所で
    レス・ポールは、ギタリストでありながら、エレキギターの開発や録音方法などの
    発明をする音楽発明家の側面も持ち合わせている方です。
    また、奥さんと2人でヒット曲を多数生み出すなど、音楽界の大御所です。

    そんな大御所二人が70年代後半にChester And Lester名義で
    リリースしたセッションアルバム(前回ご紹介したアルバム)がグラミー賞を
    獲得し好評だった事から、今回ご紹介するセカンドアルバムが制作されました。

    M1:It Don’t Mean a Thing
    M2:Over The Rainbow
    M3:Limehouse Blues